Home > 2008年01月

2008年01月

Atsushi would go 2



先日 ワイメアで一旗 上げた ATSUSHIくんの イイトコ撮りの写真がやっと手に入りましたので UPします。 写真では、危なげないハワイの絵葉書のようですが 実際の現場では、予想もつかないほどの 波の速さとパワーなんでしょう。 ヒザ波LOVEな私には 分からない世界です。

Sandy beach



http://chunsreef.net/
ここ2?3日 吹き続けたトレードウィンドで きのうから イーストSWELLが炸裂。 腰程度の深さしかないのに この波の大きさ。 今まで何人の人が首を折ったことか、、、。 あぶないですよ! そこのおじさん はやく潜って?!

SWEEET TIME



http://www.honoluluchocolate.com/
今日は、クリスマスの時に もらった贅沢チョコレートを 食後にCOFFEEと、、、。
その名も ホノルル チョコレート カンパニー (なんのひねりもなく そのままじゃんよ、、、)
GODIVAとは また違ったノリで ホノルル生まれの ヨーロッパかぶれな存在だと うちのかみさんが言ってますが 口に入れちゃえば どれも同じなのは この私だけかね? 

HAMURA SAIMIN



KAUAI 島 ネタ AGAINなんですが 帰りの飛行機に乗る直前に 島でNO.1のラーメン屋さんがあると聞いて 行ってきました。 その名も ハムラ サイイミン 常にたくさんの白人さんたちが店の中で席が空くのを待ち構えていて 緊張しながら 食べましたが 私には、なぜこのラーメンで行列が出来るのかが 理解できませんでした。 これでもかと具は乗ってるけどもスープ自体の味はなく 自分で味付けしない限りたべれましぇーん。 体にはよさそうだけどね、、、。

新年会

新年会

本日は、地元の子持ちの親友達と新年会。 居酒屋に行きたいところですが なんせ子供が大勢で、長時間にわたってデレデレと呑んだくれていれないので 友達の家で ハワイアン OHANA ホームパティー。
刺身とビールを持参で参加です。 左の写真のビールは小さく見えますが 実際は、5Lの生樽。 刺身も生だけど お買い得パック。 その下は、生の牛タンまるまる2本で なんと たったの$16 やっぱり アメリカは、肉と酒が安いな?

やんちゃな HANAです。

hana in the yard


神経質でソフトなキャラのお兄ちゃんに比べ かなりやんちゃなHANAちゃん 今のところ怖いものなしで なんでもチャレンジ。 早く パパと一緒に波乗りに行こうね?

SURFING IN KAUAI

kauai secret

これは、KAUAIのシークレット? ブレイク なんとこの波で 4人しか 入ってないんです。ダイアモンドへットだったら 空いてても40人は、いるだろうし 車さえ止められないだろうな、、、。 他にも2?3人しかはいってないPOINTを数箇所見かけました。 あぁ KAUAI。

SURF'S Up Again?


昨日から またまた 季節外れの SOUTH SWELLが やってきました。 BOWLSとダイアモンドヘットは、4ft+ 私は、3’sに行きましたが 2ftながら クリーンで空いてて 満足。向こう3日くらいは あるみたい。
 
あ?このままでは シェイプとパドルで 肩がコワレル?。 数年前から 肩の奥深くで ピリピリとした痛みが あるのは確かなんですが でも だからってどうしょうもないんです。 帰宅すれば 子供の抱っこもあるしで 起きてる間は 肩使いっぱなし。 生身の人間だから いつかは どーにかなるんだろうけど いましばらく ごまかし ごまかしやっていくしかないみたい。

ATSUSHI WOULD GO


ちょうど 1週間前(1月10日) いきなり決まったWAIMEA BAYで 私の唯一のSHORT BOARDのライダーのATSUSHIが すばらしい DROPを見事MAKE. (写真一番右奥) 小柄な日本人とは思えない 堂々たるDEEPなポジションからのアプローチ。 あいにく5人のヤツラに前乗りされて BESTなラインが描けなかったようですが 本当に よくやった。 ほぼ 無名な彼ですが このあとこの時のSHOTが日本のサーフィン雑誌で紹介されるようです。 You did Good Job ATSUSHI! You da Man!I'm proud of you

Just Checking...



今日は、偶然この 板と遭遇。 99年に出来上がったもので もうかれこれ9年前の板。 今さら そんな古いショートボード?と 言いつつも アルさんがKさんに作った板となれば やっぱり気になります。 と言うわけで 自分のSHAPE ROOMでじっくり観察することに、、、。
ちょうど 同じ長さの自分の板があったので 比べてみるとALさんの方が、
ノーズ ロッカー強め、 意外なことにコンケイプ浅め、テールのVEEもかなり長く大きい。 後は、 ノーズ部分が薄いですねー。 
これさえあれば 俺だってケリーのように、、、行くのかな? と誰もが思い ドキドキしてしまいがちですが、海の中ではそうは 行かないもんです。
でも この世で夢を与えてくれる商品としては、ありがたいモノです。 
それにしても実際は板なのか 乗り手のSURFERなのか 本当のMAGICは どっちなんでしょう? 私にも 分かりません。

Brother Kino Genki vs Kaito

ここ数日間続いた 季節外れのSouth Swell. 連日風もなく本当に FUN WAVEでした。 これは、とあるハワイのビーチブレイクで 弱々しい波ですが 力の抜き加減とライン取りの練習になる波です。 
Genkiと弟のKaito (弱冠13歳)にお手本を見せてもらいましたので 公開します。

カウアイ島 ?完結編?

my catch aku

私が唯一沖で船酔いながら 必死に釣り上げたのが このカツオちゃん。 SOOO BEAUTIFUL
ahi ahi

大漁のマグロとカツオ。 食べれるだけ食べたら 残りはシーチキンの缶詰めの要領で 専用のビンに詰めて 圧力釜で2時間。 これでほぼ 半永久的に保存が可能。 魚だけでなく野菜や果物何でも この要領でできるんだって。 はじめて知って感動した わたしです。 今度オイスター(カキ)でも実験でやってみようかな、、、。
harry.jpg

私の後ろに 写っている人が 今回何からなにまでお世話になった船長さんの ハリー シゲカネさん。 ある時は、ヘリコプターを操りまた あるときは クルマニアで 10台ものスーパーカーを乗りこなし、レストランのオーナーシェフ、弓矢、ボーリング、ビリヤード そしてなんと言っても 釣りキチ。 やることすべて プロレベル。 ほぼ毎朝5時から起きて 船を出し釣りに出た後、休む間もなくみんなのご飯をつくっていつもなんかしらやってました。 私にとって彼は本当にすごい人 の一言に尽きます。 タダモノじやありません。 とにかく色々ありがとうございました。という気持ちで一杯です。 いろんな意味でいろんなことを学ばせてもらいました。

そして最後のショットのHOKUは、何が なのかというと 3回 船で吐いて、おなかが減って 3つ目のおにぎりをたべているところです。

カウアイ島 ?FISHIING編?


引き続きカウアイ島ネタですが 釣り特集です。 ビデオは、ボートで沖に行く前に あそびで餌を付けて 足元にたらすこと 数秒、、、。 つれる 釣れるって 10分くらいで4?5匹釣り上げてしまって もう信じられませ?ん。 さすがWILD KAUAI。
そのあとは 沖へ超本格的トローリングなんですが 沖のポイントまでの1時間で 見事船酔い。 情けない話なんですが どーにもがんばりようがありませんでした。 今でも思い出すだけで気持ちわりー。 
それでも釣果は このとうり。 マグロ、カツオ、マヒマヒなどなど小ぶりながら 大漁でした。
http://happyhuntersportfishing.com/catches1.html
our catch
my catch
da boat

HANALEI SURFING LESSON?


釣りに徹する毎日だったのですが 連日の船酔いで最後は、GIVE UP. まだ行った事のない ハナレイに最終日ながら 行ってきました。 ずばり感想は、サイコ?です。 もうすべてがビューティフル! みんなビーチの目の前に車を止めて 各自やりたいことを やりたいように、、、。 
冷水の川が海に流れ込み そこからは、湖のような湾になって 左に行けば、桟橋があり TEEN達が海に飛び込み合戦。 岸辺では、ワイキキよりも乗りやすい超小波が沖から割れていて 3?5人の子供達が危なげなく波乗り。 正面では最近はやりのスタンドアップパドルもちらほらで 右沖に行けば 本格的なサーフスポットで大人たちがRIPPING。 みんなメローで時が止まっているかの様です。 ビーチでは、FAMILYがBBQをしていたりするけど マックやスタバは、もちろん缶ジュースの販売機ひとつと見当たらず。 古き良き時代とは このことか、、、。
サーフィン嫌いの我が息子でさえ 波乗りをENJOY。 そして 私はその勢いで1歳になったばかりの娘を連れて 沖まで連れて行き 見事小波をキャッチ! ん?またしても自己満にはまってしまったような気がする。

カウアイ島 

KAUAI.jpg
本日 4泊5日のお正月 カウアイ 家族旅行から 無事帰って来ました。 6年?ぶりくらいで行ったのですが やはりオアフとは、ある意味全く違っていました。 島中が緑でいっぱい 街灯は、ほとんどなく朝になると道端に野生の鶏やイノシシがひかれてたり、、、。 店も少なく あるのは海と川と山、、、、。 無造作な島ですが これが 本当のハワイなんだな?と改めて実感しました。 どこをみても 絵葉書のような景色にやられてしまいました。 これから少しずつカウアイ画像UPしていきますので おたのしみに。 

結果 オーライ!

boomerang.jpg

数ヶ月前に 大波用に作った6’10”のSEMI GUN。 ラニアケアの4?6feetの日に使ったのですが 今ひとつしっくりしないまま 納得のいくライディングができず そのまま放置状態、、、。 
でも先日 ダイアモンド ヘットでSETでヒザ波と知りながら 日暮れの30分だけ 水に浸かる 気持ちで この6’10”に 遊び心でフィン(my Original Boomerang)を付けて入ってみると、、、。
あ?ら 不思議、、、 LONGでも FISHでもどうにもならない波なのに ワンターンから SLASHもしくは、カットバックが出来ちゃった。 大波用の板なのに超小波で大活躍とは なんとも複雑な心境だけど ちょっと MY BOOMかもしれない。 また 小波が すきになりそうな 予感、、、。 
結果 オーライです。

Da HAWAIIAN FISHING

sup fishing

これが 究極のHAWAIIAN FISHING STYLE。 シンプルですが本当に釣りの醍醐味を体感できます。 要するに自分が船長さんになってトローリングに出かけると言うわけです。 餌をつけて25Mほど糸をだして浅瀬をゆっくりパドリング、、、。 すると 突然竿がしなって HI?T! その瞬間 頭が真っ白になりつつ竿を手に取りお魚さんと大格闘。時として思いよやらぬ 大物がかかったりして いままで何度糸が切れたことか、、、。 気力と体力と時の運を交えた SERIOUS GAME あなたも ぜひ 一度、、、。
ちなみに この日初めて息子を連れて 一緒にボードに乗って沖に出たものの 約10分で”もう帰るの?”と息子。 え”?これからじゃんよーと切れつつ初めての釣りにしては、ちょっとマニアック過ぎたかな?。と後日反省の私、、、。 やっぱり 独りよがりは いけませんな
My big catch2

写真は、数年前にこのSTYLEで釣り上げた自己最高記録の獲物。 この後は三日三晩格闘した時の夢でその興奮が 醒めなかったのを 今でも覚えてます。

FIN DESIGNs

fins.jpg
 最近ほんとに 目まぐるしく新商品が出てくる フィン業界。 まったく止まる気配は、ありません。 今回試したのは、LOK BOXで知られている SPEED DIALER(上)。 RICH PAVELのQUADなどでおなじみですが これは、ありがたいことにFUTURE FIN SYSTEMに対応。 ちなみにRAINBOW FIN COMPANYからの商品です。
乗った感想としては、かなりスムースで踏ん張りどころのあるドライブ感です。 ただ波が小さかったこともあって この4枚のFIBER GLASS QUADの総重量があまりにも 重すぎて引きずられてるのが 分かりました。

続いて 下の写真は、超軽量のFUTURE QUAD フィン自体のFLEX度は極めて高く 乗った感じは、柔らかく反応抜群なのですが パワーのあるセクションでは、なんとなく頼りないドライブがたまに傷。 F4とStrech両方とも乗ったのですが、できることならこのマテリアルでSpeed Dialerのテンプレートがほしいというのが ないのもねだりの本音です。 しかしこのフィン中国産ながらよく出来ています。 (でも生産間に合わず 入手困難状態)

重すぎたり、軽すぎたり、曲がりすぎたり、曲がらなかったり、、、。 たかが 波乗りですが 乗ってる本人 オオマジ。 はたから見たら なにも変わってないんだけどね?。

元旦 BBQ

2008 BBQ
昨日は、そう元旦。 ならばお節料理と行きたい所ですが 超手抜きで BBQ乗っけて 焼くだけみたいな、、、。 塩、コショウ、レモン それにビールさえあればもうOK. 来年こそは お節と言う 我妻の声を信じて あと364日後に 乞うご期待。 
何でもいいけど はなちゃ?ん それは、パパのミルクだよ?。 

Happy new year 2008 from hawaii

Home > 2008年01月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top